ACL蔚山・釜山旅行記(1日目)

ACL蔚山・釜山旅行記の1日目です。

前後の旅行記は以下をご覧ください。

エアプサンの「旅程/運賃案内書」を見ると、「国際線航空便の搭乗手続きは出発時刻40分前に締切となっておりますので手続きのためには航空便出発時刻2時間前までに空港に到着されるのをお勧めします」とのこと。

BX111便の出発時刻が13:55なので、11:55までの空港到着が推奨ってことですね。

搭乗前に空港内のラウンジ巡りもしてみたいので、10:58に成田空港駅到着予定のNEX17号(新宿駅9:39出発)に乗ることにしました。

成田エクスプレスの切符を事前に買わないで、飛び込み乗車。車内で切符を購入しました。料金は3,110円(運賃1,450円/指定席券1,660円)。成田発着の航空機に搭乗の場合は、+6,000円を見ておかないとダメってことですね。

NEX17号

足元が広いNEXのシート。これから乗るエアプサンはどれだけ狭いのかな・・・?車内では自分も借りたグローバルデータのWi-FiルーターレンタルのCMが流れていました。

NEX座席

成田空港駅(第1ターミナル)到着。改札と検問所を越えてすぐのところに「京成たびルーム」。ここは、マネーパートナーズFXの格安の外貨両替・受取サービスを利用して外貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン)を受け取る事ができるんですよね。アメリカ、ヨーロッパ方面に旅行する場合は是非利用したいサービスです。

京成たびルーム

4階出発フロアの南ウィングに向かいます。エアプサンのカウンターは「I」カウンター。搭乗券をもらいます。搭乗開始時刻は出発30分前の13:25~、搭乗口は「59A」とのこと。青赤グッズを身につけた人がやたらと多いカウンターでありました(笑)

セキュリティチェック(手荷物検査)と出国審査を終え、1フロア降り、3階の免税・搭乗エリアへ。ラウンジ巡りへ。

まずは、第3サテライト、31番搭乗口付近にあるユナイテッド航空のラウンジ「ユナイテッド・クラブ」へ。ユナイテッド航空やスターアライアンスの上級会員でもありませんが、プライオリティ・パスで入室できます。便利。

ユナイテッドクラブ

今まで経験した中で一番広大なラウンジです。高級感もある。しかし、利用している人は時間帯のせいもあり極少数。ロールケーキとコーヒーを頂きました。

まだ時間があったので、第2サテライト25番搭乗口付近にある大韓航空のKALラウンジにも潜入。おにぎりやデニッシュ、クラッカーなどがありました。おにぎりとビールを頂く。

成田空港KALラウンジ

搭乗開始時刻が迫ってきたので、59Aに向かいます。59Aはバスを利用しての搭乗となります。待合場所にはやはりFC東京サポーターとみられる人がたくさん。

約10分遅れで搭乗開始です。エアプサンのシート幅。狭いです。自由に動けないので肩が凝ってくるような感じ。これは2時間以上のフライトはきついと思いました。かなり大柄の人もいましたが、普通に座れたのでしょうか・・・?

エアプサンのシート幅

エアプサンはLCC(格安航空会社)の分類ですが、機内食はちゃんと出るんです。ビールも無料で貰えました。

エアプサン機内食(往路)

飲んだら、狭くってイライラする感じもなくなりました。狭いLCCではアルコールによるリラックス効果が必須かもしれませんね(笑)

金海国際空港に到着。入国審査では、パスポートと入国カードの提示の他に、両手人差し指のスキャン、顔の撮影も行われました。さすが、北朝鮮と休戦状態(=戦争の一時休止状態)にある国ですね。

金海国際空港内にある釜山銀行のATMで500,000ウォンを引き出し。新生銀行のキャッシュカードを使いました。

釜山銀行ATM

機内で指に切り傷を作ってしまったので、空港内のセブンイレブンにて絆創膏を購入。絆創膏に当たる韓国語が分からなくても、指を見せれば直ぐに持ってきてくれました。

リムジンバスのバス停へ。1番~3番のバス停があり、蔚山行きのバスは1番に停まります。事前の調査(ブログ、twitter)でもわかっていたことですが、FC東京サポーターの方々は皆釜山方面に流れていきました。

金海空港リムジンバス

蔚山・太和ロータリーへ向かうリムジンバスの出発時刻は、

06:55、07:35、08:15、08:45、09:25、10:05、10:45、11:25、12:05、12:45、13:25、14:05、14:45、15:25、16:15、16:55、17:35、18:25、19:05、19:45、20:25、21:05、21:45

17:35のバスを待っていたつもりですが、その時刻になってもバスは来ません。提示を15分以上過ぎても来ない。同じバスを待っていた女性(浜松から蔚山に里帰りで来たという)がバス会社に電話して確認したところ、バスは定時に3人乗せて出た、とのこと。ええー。見逃したつもりなかったんだけどな・・・

その女性とタクシーで蔚山市内まで行くことに。その女性がタクシー運転手と交渉し、料金は80,000ウォンで。しかし、私達を誰が乗せるかで、タクシー運転手同士が激しく口論を始めました。これには苦笑。車中、色々お話できたのは楽しかったですね。

ロッテホテルウルサンに到着。禁煙ルームをお願いしておいたが、入室すると煙草臭さを感じた。フロントに連絡し、別の部屋を用意してもらう。フロントには、ピクシー(ストイコビッチ)好きから名古屋グランパスファンになったという、日本語の話せる方もいたのでとても助かりました。

20時過ぎ。食事をするため外へ。フロントの方によると、「ホテル北側の若者が多く集まるエリアが食事に最適」とのこと。そちらに向かうと、確かに20代前後の若者が多い。小洒落た服屋さんなどが並ぶおしゃれストリートである。当たりを一周して、店前に生簀を構えたイカのお店に入室。日本語は全く通じない。私の下手な英語もほとんど通じない。

悪戦苦闘しながら、イカ刺しとイカフライのセットを注文。今捌いたばかりの新鮮なイカ刺しにサムジャン(?)を付けて、サンチュで巻いて食べるのがかなり美味しかった!揚げたてイカフライも美味しい。ビールはCASSビール。幸せ。

イカ店構え

新鮮なイカ刺し

メニュー

いい気分で2軒目のバーへ。ビールとポテトフライを頂く。

ロッテホテルウルサンの西側のエリアも開けていたので行ってみた。フロントの人におすすめされた北側のエリアは早い時間に店仕舞いしてしまう店が多かったけれど、西側エリアは夜はまだまだこれからといった印象。集まっている年齢層も高い感じ。北側エリアの客引きは居酒屋やカラオケといった感じだったが、こちらは怪しい店の客引きが多い。フロントの方がこちらをおすすめしない理由がわかった(苦笑)。

ホテルと蔚山の二大繁華街の位置関係は以下のGoogle Mapを参照。


より大きな地図で FC東京ACL遠征MAP(蔚山編) を表示

こうして長い一日目が終了。

続きは以下をご覧ください。

ACL蔚山・釜山旅行記(2日目)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ